看護師国家試験・抗体検査とワクチンの真実

国家試験
  • 看護師国家試験予想問題

問題  免疫について正しいのはどれか。

➀ 生体に抗原の刺激が加わると、まず最初にIgMが産生される。

② B細胞は、胸腺由来で、細胞性免疫の主役を演じる。

➂ 母乳にはIgEがふくまれる。

④ 即時型アレルギーは、細胞性免疫によりおこる。          A  1

 

解説

・抗体の作用をもつのはIg(免疫グロブリン)と呼ばれる血清タンパク質

である。最初にIgMが誘導され、続いてIgGが産生される。

IgGは徐々に増えていき、やがて血清中の抗体の大部分を占める

・胸腺由来のB細胞は、抗原抗体反応すなわち、即時型アレルギーを引き起こす

体液性免疫の主役を演じる。

[抗体とは何か]

病原体(ウイルスや細菌)が体内に侵入した際、特異的に結合してその異物を生体内から除去する分子である抗体は免疫グロブリン(Ⅰg)というタンパク質で、5種類(ⅠgG ⅠgA ⅠgM ⅠgD ⅠgE)ある。ⅠgGは胎盤を通過する唯一の抗体で、ⅠgMに遅れて産生される(一時応答)が同じ抗原が再び侵入した際、多量に産生される(二次応答)。さらに血清中濃度が最も高い。ⅠgMは抗原刺激により最初に産生され、分子量が最も多い。ⅠgAは粘膜面で感染防御を担い、母乳・痰・唾液・泌尿生殖器の分泌液・消化管の粘液に含まれる。ⅠgEは肥満細胞(マスト細胞)や好塩基球に付着して、Ⅰ型アレルギー(アナフィラキシー反応)を引き起こす。ⅠgDの役割は不明だが、B細胞の分化ともいわれている。

[抗体検査]

血液採取して免疫反応のテストを行い、ⅠgM抗体もしくはⅠgG抗体の存在を調べる。一般的にⅠgMは感染初期に出現するが早期に消失する。一方ⅠgGは感染後期に出現するが長期間残る。つまり、過去におけるコロナの感染履歴を調べるファクターである。さらに、次の3点に注意する必要がある。

 

① 抗体はあるが再感染しないという保証はない。

② 抗体の量に関係している。

③ 抗体を持つ人に免疫機能が作動しない可能性がある。

[ワクチンの真実と信憑性]

通常のコロナ風邪の抗体は感染して10日程で消滅するため、1年に何度か風邪を患うのである。元来、ワクチンとは弱毒化や殺生した病原体や毒素を指し、予防接種で体内に抗体を作り病気の予防に役立てる存在であるワクチン療法は人工免疫の1つであるが、それ以外に血清療法がある。血清療法とは馬などにジフテリア・破傷風・蛇毒などのワクチンを接種して抗体を作らせ、その血液から血清を採取し、ジフテリア・破傷風などの病気に罹患した人の治療に用いる方法であるが、1週間程で抗体が喪失するため予防には適さないのであるコロナウイルスはRNAウイルスで1本鎖という構造から、翻訳と転写の段階で塩基配列上のミスが生じやすい。それ故、変異するのは必至である。通常のコロナ風邪もRNAウイルスで変異する。1年の中で塩基配列の違うコロナ風邪に罹患するのは至極当然である。新型コロナウイルスも初期のウイルスと比較すると変異して感染力が強まっているという研究論文が発表されている。世界では新型コロナウイルスのワクチン開発に向けて大手製薬会社がしのぎを削り取り組んでいるが、重症化を防ぎ、ワクチン効果の持続性と安全性が保持される真のワクチンが高齢者や重症化リスクのある基礎疾患(糖尿病・高血圧症・癌など)を併せ持つ人々も含めて、全世界のあらゆる人達に早期に行き渡ることが望まれる。それまではマスク着用、手洗い、うがい、ソーシャルディスタンスを保つ努力を怠らず、新しい生活様式を継続すべきである

ウィルス撃退方法

さらに、コロナウィルスは微生物なので80℃以上の熱や紫外線により殺菌作用があると言われている。これらは核酸(遺伝子:DNAやRNA)に損傷を与え増殖の能力をなくすメカニズムがある。新型コロナウィルスの新たな感染経路としてエアロゾル感染がある。エアロゾルとは、空気中に漂う微細な粒子のことで、感染者がくしゃみや咳、つば等によって出された飛沫の水分が蒸発し、ウィルスだけが残る飛沫核という状態で、乾燥して水分を含んでおらず粒子も小さいため浮遊しやすくなる。また、エアロゾルは3時間程度は感染性を有して空気中を浮遊し続けることが報告されているため、特に密室においては感染の確率が高まることが指摘されている。エアロゾル感染を防ぐ最も効果的な方法は、換気である。窓を開ける方法もあるが、窓がない等換気が難しい場所ならば空調システムや乾燥機能と除菌機能がついたウィルス対策にも特化した除菌装置がベストである。

詳細はこちら

↓ ↓ ↓ 

設置場所を選ばす、メンテナンスも不要!空間・周辺除菌が実現!【スーパーM】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました